英会話力向上のための単語力 その1

英会話力向上のための単語力 その1

さて、そろそろ記事のネタも尽きかけてきました。(笑)
第17回目の今回は、より会話をうまくするための勉強法についてです。

 

 

 

英会話が上達するコツの一つに、単語力の知識は欠かせません。
受験を経験されてきた方なら、一度は単語帳とにらめっこしたことがあるでしょう。

 

英会話の力がつけば、単語は自然に増えていきます。なんでかって?
それは、わからない単語は調べて覚える、を繰り返していくからです。

 

 

 

1:わからない単語がでてきたら、動詞から覚えよ

 

会話の中で、自分のしらない単語にぶつかるのは当たり前です。
特に重要な用語は、「動詞」でしょう。この意味がわからないと、
会話の概要すらつかむのが難しくなることがあります。
また、動詞は数がすくないため、使う機会がおおいのも私が「重要」とする
理由の一つです。

 

 

 

ヒアリングができない場合は、ちょっとまって、いまなんて言った?
と聞きましょう。そして、正しく聞こえてもしらない単語であれば、
その単語の意味を解説してもらいます。
もちろん、あとで辞書を引くなりして、意味を調べてください。

 

 

 

2:ニュアンスを理解するためには英英辞書がベスト

 

辞書を引くという話がでてきたので、つられて辞書についてです。
英語のテストと違って、英会話は生の英語と格闘する必要があります。
そして、生の英語で使われる単語は、えてして様々なニュアンスを持ちます。
このニュアンスを解説してあるのが、英英辞書です。

 

 

 

英英辞書なしに、英語は理解できません。英和、和英だけでは理解できないのです。
もちろん、英英辞書をひく作業は時間がかかるし、その英文を読んでもニュアンスの
理解は難しいかもしれません。
なので、まずは、すべての単語を英英辞書でひくのではなく、自分の気に入った単語から
はじめて見ましょう。