世界に飛び立とう その2

世界に飛び立とう その2

前回の続きです。

 

 

 

3. 海外ボランティア

 

海外生活を送るための3つ目の手段は、ボランティア活動です。
青年海外協力隊や、UNESCO支援の団体など、世の中には
いくつものNGOがあります。これらのNGOでは、海外にいって、
ボランティアをしてくれる有志を常に募集しているようです。

 

 

 

時間に余裕があるならば、これら海外ボランティアに挑戦してみるのも
手だと思います。かくいう私も、海外ボランティアで海外にたびたび
わたりました。そこで身につけた英会話力で、なんとか世の中を生きのびております。

 

さて、いかがでしたでしょうか。
全20回にわたって、英会話を始める、向上させるためのノウハウを書き連ねてきました。
いろいろ書きましたが、やはり原則は、

 

 

 

1. 会話をする機会を作る
2. 間違ってもいいから話す
3. 会話でつかう単語を覚える

 

のサイクルを繰り返すことです。日本人はシャイだからあまり喋らない。という
のはよく聞きます。この「シャイ」で損するのは、同じ日本人として我慢なりません。
「シャイ」ではないんだ。単純に会話を恐れているだけなんだ。恥をかきたくないのだ。
と、私はいつも思います。
繰り返しますが、まちがってもいいのです。とにかく話してください。笑

 

 

 

英会話は世界とつながるはじめの一歩です。英語を使えるようになることは、
すなわち、世界中の人と話ができるようになることです。
人とコミュニケーションを行わない限り、英会話は上達しません。
テキストとにらめっこして、CDを聞いて、テストでいい点をとって、という代物ではないのです。
ぜひ、実際の英会話をするチャンスを自分で拾ってきて、そして活かしてください。

 

 

 

ここまで駄文におつきあいくださった皆様に感謝を申し上げます。
そして、皆様がこの記事から、すこしでも英会話のヒントを読み取っていただければ幸いです。

 

それでは、ありがとうございました!