どの程度しゃべれればいいのか?

どの程度しゃべれればいいのか?

さて、ここまでで、はじめの第一歩は踏み出せたでしょうか。

 

今回は、話す方法です。
話すためには、話すことに慣れなければなりません。

 

 

 

先に紹介しているオンライン英会話は、非常に有効な手段です。
とにかく話す機会を作れるからです。

 

では、会話の初級について、お話しします。

 

 

 

会話を始めようと思うと、なかなか英単語が出てきません。
たとえば、普通の会話で、以下のような自己紹介をしたいとします。

 

「私は、ケンです。34歳で、現在は航空会社で働いており、
整備を担当しています。妻と、こどもが一人。休日はもっぱら子守りが
仕事で、最近は、夏に行われた花火大会にいきました。」

 

 

 

これを英訳することは簡単です。しかし、会話では、手元に
原稿なんてありません。なので、考えながらです。

 

すると、実際には例えば以下のようなことになります。

 

 

 

"" My name is Ken.
Im 34 years old.
My job is ,,, engineer? at airplane company.
One wife, one children...
Holyday... I go, oh sorry, went to the... firework?? festival.""

 

実際、ここまで喋れれば、上出来だと思うのですが、喋った本人は
自責の念に苛まれているでしょう。
実際は、もっと正確な英文がつくれるからです。しかし、自分が喋った
内容は、中学生にも劣る幼稚な単語のつなぎ合わせ。恥ずかしい。。。
これが、多くの英会話初心者の心境です。
逆にこの心境に至らない場合は、単純に英語の勉強が足りてないだけだと
思われます。

 

 

 

さて、では、上の会話は、そこまで問題なのでしょうか?
答えはNOです。 あなたは、言いたいことを言えているため、
会話としてはまったく問題ありません。
日常英会話では、なるべく易しい単語を使うというのが鉄則です。
下手に難しい単語を引っ張りだしてくることはありません。

 

ここまで喋れていれば、実は上達の可能性に満ちあふれているのです!